敵に送る(贈る)塩という謎の商標出願

2019 7/09
敵に送る(贈る)塩という謎の商標出願

商標出願を見ていると皆さんの発想の豊かさに感心します。今回見つけたのは「敵に送る塩」です。ことわざの「敵に塩を送る」を参考に作られた商標と思われます。

目次

敵に送る塩・・・ことわざ?

本来の使い方は「敵に塩を送る」が正しい

この敵に塩を送るということわざの意味はこうです。

敵に塩を送るとは、争っている相手が苦しんでいるときに、争いの本質ではない分野については援助を与えることのたとえ。

http://kotowaza-allguide.com/te/tekinishiowookuru.html

優しい考えですね。私なら敵の傷口に塩を塗り込む・・・え!?

この敵に塩を送るの由来は戦国時代まで遡ります。

戦国時代、遠江の今川と相模の北条の両氏から武田信玄が、経済封鎖をされ塩不足で困窮していたとき、長年敵対関係にあった上杉謙信が武田信玄に塩を送って助けたという話に基づく。

同上

いや~生死を分ける戦で生き抜いてきた戦国武将の考えは違います。深い。

関連記事

目次